商号とは?

「商号」とは、商人が営業を行うにあたって自己を表示すために使用する名称のことです。会社というのは法人格を持つ営業を行う商人のことですので、会社にとっての「商号」とは「会社名」のことになります。

さてこの「商号」、好き勝手にどのような名称を付けてもいいのかというと、そんなことはありません。そこには守るべきルールが存在し、それを守らなければ商号として認められないので、その商号を使用して会社を設立することができません。

守るべき商号のルールには、「会社形態による制約」「使用できる文字や記号という制約」「会社として使用できる名称の制約」「開始する事業に関する制約」などが存在します。

以下にその守るべき商号のルールをまとめてみました。

商号の5つのルール

1.商号の前後に「株式会社」「合同会社」「合資会社」「合名会社」の文字を付けること。

会社は、その会社の形態が明確に分からなければなりません。なので、株式会社を設立する場合には、必ず「商号」の前後に「株式会社」という名称を付けなければなりません。株式会社なのに「合同会社●●●」などという名称を使用してはいけないということです。株式会社なら「株式会社●●●商事」や「●●●商事株式会社」などという名称にしなければなりません。それに、前後のどちらかに付けなければならないので、「●●●株式会社■■■」などと、「株式会社」を商号の途中に入れることはできません。

2.使用できる「文字」と「記号」

商号には、以下の文字が使用できます。

  1. 漢字
  2. ひらがな
  3. カタカナ
  4. ローマ字
  5. アラビア数字

商号には、以下の記号が使用できます。

  1. 「&」(アンパサンド)
  2. 「,」(コンマ)
  3. 「−」(ハイフン)
  4. 「.」(ピリオド)
  5. 「・」(中点)
  6. 「'」(アポストロフィー)

記号が使用できるのは、字句を区切る際の符号として使用する場合に限られるので、商号の先頭又は末尾に使用することは出来ません。ただ、例外として「.」(ピリオド)については、省略を表すものとして商号の末尾に用いることができます。また、ローマ字を用いて複数の単語を表記する場合に限り、当該単語の間を区切るために空白(スペース)を用いることもできます。

3.付けてはいけない名称

商号の末尾には、会社の一部の部署を表すような以下のような名称を付けてはいけません。

  1. 支店
  2. 支社
  3. 出張所
  4. 事業部
  5. 不動産部
  6. 出版部
  7. 販売部

しかし、「特約店」「代理店」「分店」などの名称は、会社の一部の部署を表すような名称ではありませんので、使用しても大丈夫です。

4.業種によって使用しなければならない名称

特にその信用維持を確保すべきものとして法律で定められている一定の業種については、商号や名称の中に以下のようなそれぞれの業種を示す文字を使用しなければなりません。一方、これらの業種にない者はその名称や商号に以下のような文字を用いることを禁じられています。

  1. 銀行
  2. 労働金庫
  3. 信用金庫
  4. 保険会社
  5. 信託会社
  6. 農業協同組合
  7. 漁業協同組合
  8. 事業協同組合
  9. 消費生活協同組合

5.同一の住所に同じ商号は付けてはいけない。

会社法が施行されるまでは、『同じ市町村で同一の業種を営む他の会社と類似する商号は付けてはならない』という規制がありましたが、現在の企業活動が広域化しているのに伴いその合理性が低下していること、同一業種を営んでいるかどうかを判断するために事業目的の語句の使用が厳格化していたために審査に時間と手間が掛かる、などの理由でこの規制が廃止されることになりました。

それでも、『同じ住所にある他の会社と同じ商号を付けてはならない』という規制は残っています。これは、同じ業種・違う業種であるかどうかに関わらずです。

以上が、守るべき商号のルールです。

これらの商号のルールを守らないと、公証人に定款の認証手続きをしてもらうことができませんので、会社設立手続き自体を進めることができません。つまり、公証人から会社設立手続きの不備を指摘してもらうことができますので、このことが原因で会社設立手続きに失敗したと、後になって後悔することがありません。

それよりむしろ、商号を付ける際に気を付けなければならないのは、「商標権」や「不正競争」に関わる問題です。なぜならこの問題は、定款の認証手続きや登記申請の時点では問題にはならず、無事に会社を設立することができるのですが、あとで大きな問題に発展する可能性があるからなのです。


それでは、その辺のところを「商号を決める際の注意点」で説明することに致しましょう。

次ページへ 次は、「商号を決める際の注意点」に進む

このページのトップへ