労働保険関係の届出

「労働保険関係」とは、「労働保険」と「雇用保険」のことを指しており、従業員を雇うことになった場合に加入する保険のことです。前ページの社会保険関係とこの労働保険関係を合わせて、大きく社会保険として括られることもあります。

「労働保険」の窓口は「労働基準監督署」であり、「雇用保険」の窓口は「ハローワーク」になります。

労働基準監督署への提出物

労働基準監督署への提出物は、以下のとおりです。

  • 労働保険概算・確定保険料申告書(労働保険 保険関係が成立した日から50日以内)
  • 労働保険 保険関係成立届(雇用した日から10日以内)
  • 就業規則届(常時10人以上の労働者を使用している場合には速やかに)
    【添付書類】
    ※添付する書類、提示する書類は、各ケースや管轄の労働基準監督署によって多少異なることがあります。
    1.登記事項証明書
    3.労働者名簿
    4.賃金台帳又は給与支払明細書
    5.出勤簿又はタイムカード
  • ハローワークへの提出物

    ハローワークへの提出物は、以下のとおりです。

  • 雇用保険適用事業所設置届(雇用保険の適用事業所となった場合10日以内)
  • 雇用保険被保険者資格取得届(雇用保険の適用事業所となった場合10日以内)
    【添付書類】
    ※添付する書類、提示する書類は、各ケースや管轄のハローワークによって多少異なることがあります。
    @ 労働保険 保険関係成立届のコピー(労働基準監督署の受理印を押してある届出書のコピー)
    A 登記事項証明書
    B 不動産賃貸借契約書のコピー
    C 法人設立届出書のコピー
    D 事業開始等申請書のコピー
    E 法人税確定申告別表1(確定申告している場合)
    F 営業許可書等、許認可が取れていることが確認できる書類のコピー(許認可が必要な事業の場合)
    G 労働者名簿
    H 出勤簿又はタイムカード
    I 賃金台帳
    J 雇用保険被保険者証
    K パート社員の人や期間の定めのある人については「雇用契約書」又は「雇入通知書」のコピー等

  • 以上で株式会社設立手続きに関する一連の流れにおける説明は終了となります。お疲れ様でした。

    このページのトップへ