銀行の法人口座開設

たまに、会社設立時の資本金の払い込みは、新しく作る会社の法人口座に入金するものだと勘違いをされている方がいますが、資本金の払い込みをする時点では、まだ新しい会社が出来たわけではないので、法人口座を開設することはできません。

法人口座を開設することが出来るのは、会社設立手続きが完了した後になります。

銀行の法人口座開設に必要な物

法人口座を開設するために必要な物というのは、その銀行によって細かく違う場合がありますが、概ね次のようなものが必要なようです。

  • 会社の謄本(登記事項証明書)
  • 会社の定款のコピー(公証役場で貰った謄本のコピー)
  • 会社代表印の印鑑証明書
  • 会社代表印
  • 会社の銀行印(会社代表印でも可能)
  • 法人口座開設に応じてくれない場合もある!

    融資の申し込みではないので、どこの銀行でも簡単に法人口座を開設出来ると思っている方も多いようですが、決してそのようなことはないので注意が必要です。

    断る理由というのは、銀行によってそれぞれでしょうが、断られ易い傾向というのがあるようです。それは、銀行のとって一番困るのが、法人口座を開設したが為に、トラブルに巻き込まれるとか、その口座が犯罪などに利用されることです。

    特に、社会的信用を何よりもの都市銀行などでは断られる確率が高く、地域企業と密接な関係を保とうと考えている地方銀行や信用金庫などは、都市銀行の比べれば開設が容易なようです。

    断られるのは、次のようなケースが多いようです。

  • 風俗営業や金融業関係の業種である
  • 事業目的が多く、何の事業をメインにやっているのか分からない

  • 矢印次は「税金関係の届出」へ進む

    このページのトップへ