電子定款とは?

以前は、定款は紙で作成し、それを公証人役場で認証してもらうという方法しかありませんでした。しかし、現在、定款を電子文章で作成し、認証してもらう方法が可能になりました。この電子文章で作成された定款を「電子定款」と言います。

この電子定款になったことの最大のメリットは、定款に貼付する収入印紙4万円が不要になったことです。

紙の定款だと、公証人役場で保存する定款に4万円の収入印紙を貼付する必要がありました。電子定款だと、この貼付すべき4万円の収入印紙が不要になるので、これだけで4万円も設立費用が節約できることになるのです。

紙の定款と電子定款の手続きの比較

紙の定款と比べて電子定款は、収入印紙4万円分の費用がお得になることがわかりました。それでは、このお得感を享受するためにはどのような手続きが必要となるのでしょうか?そこで、紙の定款と電子定款での手続きを下記に比較してしました。

紙の定款と電子定款の認証手続きの比較


確かに電子定款は4万円の収入印紙が不要になるのですが、電子定款で認証手続きを行うためには、上記の比較図で分かるように、手続きがかなり面倒になります。それに、電子定款の認証手続きをするために環境を整えるのに、ソフトなどの購入費が掛かります。

なので、たった1回しかしないかもしれない会社設立手続きのために、わざわざ自分で電子定款で認証続きをする必要があるかどうかを考えなければなりません。特に、紙の定款を電子文書にする時のPDFソフトは、電子署名付き電子定款に対応しているのは、基本的に「Adobe Acrobat」だけになりますので、このソフトを新品で購入するとかなり高額になり、せっかく収入印紙が不要になっても、それぐらいの金額が吹っ飛んでしまいます。型落ちの「Adobe Acrobat」をオークションで購入するという方法もありますが、信頼できるソフトが入手出来るかどうかの保証がありません。

なので、この電子定款での一連の手続きをやってくれる行政書士などの専門家に依頼するのが、一番効率的だと思います。この電子定款による認証手続きを、4万円をはるかに下回る金額で代行している専門家はたくさんおりますので。


それでは、定款認証の手続きが終われば、次は資本金の払い込みを実施することになります。。

次ページへ 次は、「資本金払い込みの方法」に進む

このページのトップへ