原子定款とは?

「定款」とは、会社の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則(実質的意義の定款)のことであり、その内容を紙や電子媒体に記録したものを形式的意義の定款ということになります。株式会社設立手続きで定款を作成するとは、『この形式的意義の定款を作成する』ことを意味しています。

また、定款には「原始定款」と呼ばれるものと、「現行定款」と呼ばれるものがあり、会社設立時に作成する定款こそが「原始定款」と呼ばれるものであります。ちなみに、「現行定款」とは、現在効力のある定款のことであります。事業を運営していく上で、定款の内容を変更する必要性が生じてくる場合があります。そんな時は、株主総会の決議で定款を変更できるわけですが、その変更を原始定款に反映させたものが「現行定款」ということになるわけです。

定款の記載事項

定款に記載する事項は、以下の3つに分類されます。

  1. 絶対的記載事項
  2. 相対的記載事項
  3. 任意的記載事項

絶対的記載事項

「絶対的記載事項」とは、法律の規定により、必ず記載しなければならない事項であり、この記載が無いとそもそも定款として認められません。
株式会社における「絶対的記載事項」は、以下の項目となります。

上記の項目がないと、株式会社の定款として成立しません。逆の言い方をすれば、この項目さえ記載してあれば、株式会社の定款として成立するわけです。しかしながら、実際に定款を作成する場合には、絶対的記載事項以外の項目も記載するのが通常です。それが、「相対的記載事項」と「任意的記載事項」と言われる項目です。

相対的記載事項

「相対的記載事項」とは、法律の規定により、定款に記載しなければ効力を持たない事項のことになります。例えば、この代表例として「現物出資」が挙げられますが、現物出資がある場合には、そのことを定款に記載していなければ、現物出資としての効力がない、つまり現物出資が認められないということです。

任意的記載事項

「任意的記載事項」とは、定款への記載は効力要件ではないが、定款に記載されることで、変更に厳格な手続を要するという点で強力な効果を持つようになる事項。法律の規定に違反されない限り、どんな項目も認められます。

「任意的記載事項」には、例えば、以下のような項目があります。

上記以外にも、「株主総会に関すること」「株式に関すること」などいろいろとありますが、これらの内容は定款に記載されていなくても効力はあるが、定款に記載することによって効果を強力にする狙いがあるわけです。


それでは、次は、いよいよ定款作成の作業に入ります。

次ページへ 次は、「モデル別定款の書式(テンプレート)と作成見本」に進む

このページのトップへ