カテゴリー:古物営業の用語解説

古物商、古物市場主の標識

2015.10.22

古物商、古物市場主の標識 はコメントを受け付けていません。

古物営業の標識 古物商や古物市場主は、それぞれの営業所、露店、古物市場ごとに標識を掲げなければならないとされています。 また、その標識の掲示場所は、公衆の見易い場所とされています。 古物営業の標識の様式は、国家公安委員会規則で、以下のよう…

詳細を見る

帳簿と帳簿に準ずる書類

2015.10.21

帳簿と帳簿に準ずる書類 はコメントを受け付けていません。

帳簿とは 古物営業法における「帳簿」とは、古物商や古物市場主が取引の記録をする書類又は電磁的方法による記録を指しており、以下のものを記録しなければならないとされています。 取引の年月日 古物の品目及び数量 古物の特徴 取引相手の住…

詳細を見る

「身分証明書(市町村の長の証明書)」とは

2015.10.20

「身分証明書(市町村の長の証明書)」とは はコメントを受け付けていません。

「身分証明書(市町村の長の証明書)」とは? 古物商許可でもそうですが、許認可申請などで提出を求められる『身分証明書』というのは、運転免許証などの本人確認のための身分証明書のことではありません。 ここでいう『身分証明書』とは、以下の3つの事…

詳細を見る

「登記されていないことの証明書」とは

2015.10.19

「登記されていないことの証明書」とは はコメントを受け付けていません。

登記されていないことの証明書とは? 古物商許可を申請する際に、欠格事由に該当しないことを証明するものとして申請書と一緒に提出する「登記されていないことの証明書(「登記事項証明書」ともいいます)」というものがあります。 これは、東京法務局後…

詳細を見る

「URL(送信元識別符号)使用権限疎明資料」とは

2015.10.18

「URL(送信元識別符号)使用権限疎明資料」とは はコメントを受け付けていません。

URL(送信元識別符号)使用権限疎明資料とは 古物商や古物競りあっせん業者が、ホームページを利用して営業を行う場合には、そのホームページの使用する権利があることを証明しなければなりません。この証明する資料のことを「URL(送信元識別符号)使…

詳細を見る